30代におすすめの化粧品を使って若返りを目指そう

ゆらぎ肌への基本ケア

基礎化粧品

お肌の曲がり角の対処法

30代の肌はゆらぎがちです。仕事や家庭、ホルモンバランスの乱れなど何かと変化が多い年齢には肌の状態に合わせた化粧品を使うことが重要になります。おすすめの正しい基礎化粧品の選び方をご紹介します。肌質、お悩みは個人差もあり、季節などによっても変化していきますが、いつでも積極的に行いたいのが保湿です。加齢とともに肌の水分保持力は低下していくため、30代の肌は20代と比べると潤い不足になりがちです。乾燥はシワの原因になるのはもちろん、大人にきびの要因にもなるなど、様々な悩みを引き起こします。30代になって急に敏感肌になってしまったという方も多いですが、肌に必要な水分が不足したことによる肌バリアの低下が原因であると言われており、しっかりとした保湿を行うことで改善が期待できます。基礎化粧品を選ぶ際には、保湿に必要なセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなど自分に必要な美容成分が含まれているかどうかを確認することが基本となります。セラミドは肌の角質層に元々含まれている成分であり、敏感肌にも安心な保湿成分なので、ゆらぎがちな30代の肌には特におすすめです。各ブランド、ライン使いすることを想定して基礎化粧品を作っているので、化粧水、乳液、クリームなどを同ラインで揃えるのもおすすめです。含まれる美容成分の配合バランスが良くなり相乗効果が期待できます。まずはメーカーおすすめの使い方、量などを基本としながら、その時々の肌の状態によって調整をしていくのが良いでしょう。